ふたりごと 〜マイルで旅したり、素敵な景色や美味しい食事〜

陸マイラーやってます。2017年はマイル特典航空のファーストクラスで世界一周と年末のハワイ旅行を発券しました。

本日最終日!スーパーちょびリッチの日でお買い物ポイント2倍!

ちょびリッチの日って?

ポイントサイト「ちょびリッチ」経由でのお買い物でもらえるポイントが、毎月0の月日は2倍になります。(10日,20日,30日)

これのポイント2倍の期間が6月10日〜20日の11日間は毎日がちょびリッチの日と言うことで、本日までスーパーちょびリッチの日を開催中です。

6月10日(日)から11日間【スーパーちょびリッチの日】開催!

ヤフーショッピングや楽天、LOHACOなどネット通販大手でのお買い物をちょびリッチ経由で行うだけで、2%分のポイントがもらえます。(通常は1ポイント)

我が家ではヘビーユースのカクヤスも対象店舗なので、カクヤスでビールを買ってもポイントが付きます。

↓まだちょびリッチに登録していない!って方はぜひこちらのリンクから登録を!

紹介特典で500ポイント(250円相当)をプレゼント中です。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

対象店舗一例

店舗の一例です。

DHC,オルビスファンケルは今だけポイント3%です。

ファンケルの初回購入の場合は更に12%のポイントがもらえます。

ファンケルオンラインでのお買い物をまだしたことのない方は、この機械にぜひ使ってみてください!

f:id:ohana_kealoha:20180620090633p:plain 

6月10日(日)から11日間【スーパーちょびリッチの日】開催! 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

【恐怖!!】ファミマTカードを発行すると、支払いの初期設定が自動でリボ払いになっている!

ハピタス経由でファミマTカードを発行しました

先日、ハピタス経由のファミマTカード発行で10,000ポイントをもらえるキャンペーンをやっていたので、申し込みをしてみました。

年会費無料のカード発行で10,000円分のポイントがもらえるなんて、お得!と思って迷わず申し込みをしました。

申し込みから1ヶ月ほどでポイントは問題なく付与されました。

f:id:ohana_kealoha:20180528190530p:plain

*現在はハピタスではファミマTカードの広告は掲載していないです。

*ちょびリッチでは現在でも4,500ポイント(2,250円分)で掲載があります。

「ファミマTカード」でポイントGET! #ちょびリッチ #ポイントサイト http://www.chobirich.com/ad_details/58413/?utm_campaign=social_btn&utm_content=2887478&utm_medium=social&utm_source=twitter

ハピタスとは?

おこづかいを貯めることができる「ポイントサイト」です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ohana-kealoha.hatenablog.com

カード申し込みから2ヶ月後、請求書が郵送で届きました

3月にカード申し込みをして、ハピタスのポイントも4月に付与されて、すっかり安心しきっていた5月になって、請求が郵送で届きました。

カードを作って使用したのは2ヶ月も前なので、正直いくら使ったのか覚えていませんでした。

よくよく考えたら、ファミマカード側で行なっていたTポイント付与のキャンペーンにも乗っかろうと思ったので、1万円くらいは使ったはずですが、2ヶ月も前なので・・・記憶が曖昧になっていました。

請求金額が3000円になっています。

f:id:ohana_kealoha:20180528191550j:plain

実はこの時点で私は、今月の請求は3000円ね、と思って深く考えもしないで請求書をシュレッダーにかけました。

我が家では、ポイント活動は夫婦2人で行なっているので、同時期に旦那様もファミマTカードを作っています。

写真の請求書は旦那様の分です。

私の分はもう粉々になっていて、写真に撮ることはできませんでした。

店頭支払いコース??

カード申し込み時に引き落とし口座の登録をしていないので、

店頭(=ファミマ)でお支払いしてください、ってことのようです。

よ〜く思い出してみたら、申し込み時に口座の登録画面もしていないし、カードが到着した時にも口座登録の用紙は入っていませんでした。

ファミマカードだから、ファミマに来て払ってね!

と言うのが申し込み時の初期設定になっているようです。

更に、申し込みもしていないリボ払いが適用されています!

リボ払い=ショッピング手数料18%!!

リボ払いの手数料は18%と明細に記載がありました。

高利貸しよりタチが悪いですね。

深く考えずに明細をシュレッダーしてしまった私は、

借りてもいないお金に18%の手数料を払うことになってしまうのか?!

 

慌ててカード記載のコールセンターに問い合わせしました。

 

コールセンターのお姉さんの回答はこのような感じでした。

  • ファミマTカードは、申し込み時の初期設定が店頭払いの3000円の定額リボ払いになっている。
  • 店頭のファミポートで支払い手続きをする際に、「全額支払い」を選択すれば全額を支払うことも可能(この時に郵送で届いた明細は不要で、カードが手元にあればOK)
  • WEBページでログイン後に店頭払いから口座引き落としへの変更が可能
  • その際に、定額リボ払いではなく全額支払いを選択可能
  • 口座登録用紙を郵送することも可能
  • 店頭払いのまま、この電話でリボ払いから全額支払いに変更することも可能

支払い忘れてリボ払いの手数料が発生しては大変なので、私が取った行動はこちら。

  • 電話口で、今後の支払いを全額支払いに変更してもらう(この段階では店頭支払いのまま)
  • 電話しながら、WEBでの口座登録の画面がどこにあるのか確認
  • 電話が終わった後で、WEB上で口座情報を入力して、次月以降の支払いを口座引き落とし(全額)に変更
  • ファミリーマトに行き、ファミポートで支払い伝票を発行
  • レジでお支払い(店内のATMでお金を下ろしてから・・・)

ファミマTカード発行時には支払い方法の変更が必須!

今回の件で分かったことは、

ファミマTカードは年会費無料でTポイントも貯まる便利なカードだけど、支払い設定に落とし穴があるから要注意!!ってことです。

私のように郵送されてきた明細を良くみないでシュレッダーしちゃうようなタイプの人は、気づかないうちに支払い遅延になって遅延金が発生&リボ払いの手数料が発生する可能性があるので特に気をつけなくてはいけません。

支払い遅延が発生するとカードの信用調査にも影響が出てしまいます。

我が家のようにクレジットカードの発行でマイルやお小遣いを貯めている家にとって、これは大打撃です。

今回は運良く旦那様が気づいてくれて事なきを得ましたが、皆さんもファミマTカードを発行される際にはご注意ください。

 ↓クレジットカード発行をお得にする方法もご紹介しています。

ohana-kealoha.hatenablog.com

  ↓爆発的にマイルを貯める方法ご紹介中。

ohana-kealoha.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

元旦のダイヤモンドヘッドには登らない方が良いと思う。その理由とは?

年末年始にハワイに行ってきました。

ハワイには何度か行っていますが、年末年始に行ったのは初めてです。この時期は航空券が高いですからね。

ビジネスクラスで行ったので、1人70〜80万する時期です。2人で150万

年末年始にハワイに行くと言うと芸能人とかセレブを想像するのも無理ないですね。

エコノミーでも20万はすると思います。

我が家は芸能人でもセレブでもないので、マイルを使った節約旅行です。

ohana-kealoha.hatenablog.com

 2017年はファーストクラスで世界一周をしたり、年末年始にハワイに行ったり、陸マイラーやってて良かったなぁ、と思うことがたくさんありました。

ohana-kealoha.hatenablog.com

 2018年3月31日以降、ソラチカルートが閉鎖になるとのことで、非常に残念ですが、まだまだ陸マイラーをやめるつもりはありません。

200万円のファーストクラスのチケットや、年末年始のハワイのビジネスクラスなんて、普通に生活していたら一生経験することができないです。ソラチカ以外のルートを使うことになっても、マイルで旅行した方が絶対にお得だと思うからです。

ダイヤモンドヘッドで初日の出を見てきました

さて、前説が長くなりましたが、本題です。

初めての年越しハワイなので、初日の出をダイヤモンドヘッドから見たいと思い、早起きして行ってきました。

ダイヤモンドヘッドは24時間立ち入りできる訳ではなく、入り口のゲートが開いているのは、朝の6時から夕方6時までです。

f:id:ohana_kealoha:20180118183750j:plain

ホテルを5時半に出発!いざダイヤモンドヘッドへ

車で10分もかからないので、余裕だと思ったのですが…

ダイヤモンドヘッド付近は既に大渋滞で、ゲートに向かう坂道より手前の道路の辺りで車は止まってしまいました。

周りを見ると、タクシーで来ている人達も多く、ゲートまでタクシーに乗ることは諦めてそこから歩き始めています。

前方にはトロリーも停車しています。

私達の車よりかなり前方にいます。あのトロリーはいったい何時にワイキキを出発したんでしょうか?カラカウア通りの、いくつかの停留所には止まるだろうことを考えると5時15分くらいとか?もしかしたら5時なのかも?

 

6時、ゲートオープン!

6時になってゲートが開き、少しづつ車が動くようになりました。

それでもかなりゆっくりしか列が進みません。

徒歩の人に追い越される程度の速度です。

ゲートを通過して、駐車場に到着した時点で既に6時20分くらいになっていました。

日の出の時刻は7時9分。

間に合うか??

混み合う列に沿って山頂を目指す

登り始めの麓の辺りでも、かなりの人数の人が歩いています。

登るにつれて、人が増え、中腹付近では、人が多すぎて歩きにくいくらいです。

なんとか7時少し前に山頂に到着しました。

すでに周囲は明るくなってきています。

太陽は東側から登ってくるので、ワイキキ方面にはあまり人がいません。

f:id:ohana_kealoha:20180120113412j:plain

ワイキキ方面。朝焼けが綺麗です。

いよいよ7時9分。太陽のお出ましです。

写真を見て分かる通り、通路いっぱいに人が立ち止まっています。

普段から割と混み合っているダイヤモンドヘッドですが、ここまでの人混みを見たのは初めてです。

f:id:ohana_kealoha:20180120113849j:plain

階段には立ち止まって朝日を見る人だかりが・・・


 下山にも時間がかかります

この渋滞ですから、下山するのも大変です。

十分に日の出を満喫したので、山頂付近の人は下山したいのですが、もう少し余韻に浸っていたい階段付近の人たちが全然動いてくれません。

追い討ちをかけるように、更に山頂を目指して登って来ようとする人もいて、渋滞が全然解消されません。

やっとの思いで駐車場に戻って来た時には既に8時になっていました。

ダイヤモンヘッドは、看板にも記載されている通り、ゆっくり登っても1時間から1時間半で戻ってこれる距離です。

人混みで登るのにも降りるのにも時間がかかってしまったので仕方がないですね。

初日の出=日本人(アジア人)の風習?

日の出を見に登っていた人の大半は日本人でした。

韓国人も少し見かけましたが、中国人はいなかったように思います。

現地のおじいちゃんのような欧米人の人は、日の出より前に下山していました。

お正月に初日の出を見ると言うのは、日本固有の文化なのかも知れないですね。

ニューイヤーよりクリスマスを重視している欧米人が多いようにも感じます。

欧米では新年に日の出を見ると縁起がいい、的な考えはないのかもしれないですね。

中国人は年越しの花火と爆竹の打ち上げに忙しくて、元旦に早起きできないのかも知れないですね。

それに、中国には旧正月があるので、お正月はあまり重視していない可能性もあるかも知れないですよね。

せっかくのハワイのお正月に日本の風習を持ち込む必要はあるのか?

あくまで個人的な感想ですが、せっかくの外国での年越しを体験するのであれば、その土地にあった体験をする方が良いかな、と思います。

ダイヤモンドヘッドからの初日の出は、もちろん素敵で思い出になります。

でも、次にお正月にハワイに行ける機会があったとしたら、きっともう登らないかなぁ、と言うのが正直な感想です。

 帰りにアサイーを食べにボガーツカフェに

お腹も空いたので、朝食にアサイーを食べて帰ろうと思ってボガーツカフェに寄りました。

BOGART'S CAFE なんと・・・移転?改装?の為、閉店中でした。

f:id:ohana_kealoha:20180120120212j:plain

楽しみにしていたアサイーが・・・閉店中

並びにはDiamondo Head Cove Health Bar(ダイヤモンドヘッド コーブヘルスバー) もあるのですが、開店は9時なので、とても待ちきれません。

それに、前回ヘルスバーに行った時は、開店まで10分くらいだから・・・と思って待っていたのですが、9時ちょうどには開店しなかった思い出があります。

ハワイアンタイムなのでしょうが、アサイーは朝食に食べたいのでもっと早くからお店を開けて欲しいものです。

レナーズでマラサダを食べよう!と思ったけれど・・

それならいっそアサイーは諦めて、レナーズでマラサダを食べて帰ろう!と思い、念のためGoogleで営業時間を調べたら・・・

元旦の為、本日の営業は9時から!

いつもは早朝から営業しているのに、今日に限って9時からの営業!

やっぱり、元旦のダイヤモンドヘッドには登らない方が良いと思う。

理由その1

尋常ではないアジア人(主に日本人)の集団が殺到していて、自分がその中の1人なのかと思うとちょっと恥ずかしい。

理由その2

日の出後にアサイーが食べられない。

ボガーツカフェが閉店中だったのは偶然ですが、もしかしたら営業中だったとしてもれレナーズと同じで元旦だけは9時開店の可能性がありそう。

理由その3

レナーズのマラサダですら、元旦は開店時間が遅いので帰りにマラサダを食べることもできない。

以上、経験から感じた元旦にダイヤモンドヘッドには登らない方が良い理由でした!

 

ohana-kealoha.hatenablog.com

ohana-kealoha.hatenablog.com

ohana-kealoha.hatenablog.com

 

 

ウルフギャングよりお勧め!ハワイ、ワイキキで美味しいお肉を食べてきました!

ハワイ滞在1日目、夕食にホテルスタッフお勧めのステーキ屋さんでプライムリブを食べることにしました。

以前、両親とワイキキのウルフギャングに行った際のサービスが最悪だったので、ハワイで食べるお肉にはあまり期待はしていないのですが、ホテルの方のお勧めなので行ってみることにしました。

チャックス・セラー(Chuck's Steak House Hawaii)

450gのプライムリブのキングカットがお勧めとのことなので、レアを注文しました。

写真で分かりますか?かなりボリュームがあります。

レアなので、かなり赤いように見えますが、しっかり中まで火が通っていて、とろけるような柔らかさです。

これならおばぁちゃんでも食べれるのでは?と言うくらいにす〜っと口の中でお肉がとけていきます。

f:id:ohana_kealoha:20180116195936j:plain

 ボリュームのあるお肉なので、2人でシェアして食べてちょうど良いくらいです。

お肉を注文すると、サラダバーとポテト、パンとスープも付いてきます。

ポテトはマッシュ、ベーク、フライから選択可能です。

写真のポテトはマッシュポテトです。

プライムリブのキングカットは40ドルくらいだったと思います。

サラダは12〜13ドルくらいで1人前追加も可能ですが、1人前のままでも十分満足できるので我が家では追加サラダは注文しませんでした。

 

ビールも飲んでお会計の合計は70ドル弱くらいでした。

チップが15%〜20%くらいなので、お会計は80ドルくらいになりますね。

外食費の高いハワイではかなりリーズナブルな価格だと思います。

更に!Exclusive for Youクーポン使用で20%割引

ただでさえ、リーズナブルなお店なのですが、ホテルでもらったクーポンを使うと20%割引をしてもらえます。

『Exclusiverly for You Outrigger Hotels and Resorts』と言う小さな冊子になっているクーポンブックです。

f:id:ohana_kealoha:20180120113042j:plain

たまたまホテルでもらったのですが、このクーポンがかなり使えました。

冊子の裏側にアウトリガー、ホクラニワイキキ、オハナホテル、エンバシー、ウィンダム、と5つのホテル名が記載されているので、おそらく記載されているホテルでは頂けるクーポンなのではないかと思います。

主にワイキキビーチウォークの辺りで使えるクーポンが英語と日本語で表記されています。

ロハストリートやカウカウ等のフリーペーパーには記載のない店舗の割引があるので、アウトリガーに宿泊している方はぜひホテルでもらった方が良いでです。

 

f:id:ohana_kealoha:20180120113114j:plain

割引をしてもらって、ップ込みでのお支払い金額は67ドルでした。

大満足だったので、割引後の価格に20%のチップを含めてこの価格です。

チップ分の20%が割引になる、と思えばチップに不慣れな日本人にも使いやすい割引設定なのでは?と思います。

料理はシェアしてOK!

海外のレストランで料理を注文すると、とても1人では食べきれないようなボリュームの料理が出てきて戸惑うこともあると思います。

あらかじめボリュームが多いことが分かっている場合は、注文時に明確にシェアして食べることを伝えるのがベストです。

カタコトの英語でも良いので、「ワン プライムリブ、キングカット、シェア」と言えば快く取り皿を人数分持ってきてれます。

 

以前ウルフギャングでは、人数分には多すぎる料理を勧められ、更にテーブル担当のスタッフに20%のチップを強要されたことがあり、大変不快な経験をしました。

確かその時は、チップはサービスの満足度に対して払うものだから、と言って10%のみのチップにしたような覚えがあります。

チップを払うことが嫌なのではなく、満足のいかないサービスに高額のチップを強要されることが嫌いなのです。

 

チャックセラーのスタッフはサービスも良いので、快く20%のチップを付けることができます。(割引されているから、と言うのもありますが。。。)

 

ハワイで美味しくてリーズナブルなお肉を食べたい時はぜひ、ローカルの人も行くようなお店で、堂々と「シェア」しながらお食事してみてください。

 

↓年末年始のハワイ旅行記!ホテルのキャンセル料発生時の対応方法など。

ohana-kealoha.hatenablog.com

↓旅の始まりはマイルを貯めることから 

ohana-kealoha.hatenablog.com

rattat

年末年始のホテル予約には注意!ホリデイイン エクスプレス ワイキキのキャンセル料発生について

年末年始の予約はキャンセル料が発生する?!

直前キャンセルで1泊分のキャンセル料が発生

2017年の年末から年始の6泊、ハワイのホリデイイン エクスプレスに宿泊しました。

IHGのポイント宿泊で予約を取った分とお金でお支払いする予約の2つの予約を取ってあったので、出発1週間前に現金での予約を分をキャンセルしようと旦那さまが予約センターに問い合わせをしました。

返答は「1泊分のキャンセル料が発生します」とのことでした。

本人の記憶では、予約時にはキャンセル料が発生しないタイプを予約したはずなのに。。。とのことなのですが、なぜかキャンセル料が発生してしまうことに!

f:id:ohana_kealoha:20180108111250j:plain

なぜ、予約を2つ入れてあったのか?

ハワイは宿泊費にリゾート費と言うものが、宿泊1泊毎にかかります。

宿泊費+1泊20ドル程度を請求されるので、ホテルに直接予約をした場合、安いプランで宿泊しても、結局は高額になってしまいます。

ポイントでの宿泊の場合、このリゾート費は発生しないので、全泊をポイントで宿泊しようと思ったのですが、予約時には6泊分のポイントがありませんでした。

仕方がないので、全泊分を現金で予約しつつ、手持ちのポイントが貯まったらポイント宿泊を増やすことにしました。

そのため、同じ日程でポイントでの予約と現金での予約の2つが存在することになってしまいました。

現金予約分のキャンセルにキャンセル料金が発生!

6泊分全てポイントで予約が取れたので、現金分の予約キャンセルをお願いしたところ、キャンセル費がかかると言われてしまいました。

予約センターの方に状況を説明しましたが、予約センターではどうにもできないので、現地のホテルに直接連絡してみてください、とのこと。

残念なことに、Holiday Inn Express Waikiki には、日本人スタッフはいないとのことなので、英語での状況説明が必要になってしまいました。

メールでHotelに説明してみた

まずは簡単に2つの予約番号と、予約状況を記載して、宿泊自体はキャンセルではないのでキャンセル費を免除してもらえないか聞いてみました。

返信はこちら。

f:id:ohana_kealoha:20180108111702p:plain

え??

キャンセル費が2泊分に増えています。

1泊でも高額なのに、2泊分って。。。無理です。

そんなに支払ったらポイントで宿泊してリゾート費を節約している意味がないじゃないですか!

もう一度メールで懇願してみる

再度メールで懇願してみました。

今度は旦那さまのステータスと、今年(予約時なので2017年のことです)の旅行履歴を示しつつ、なぜ今回IHGに宿泊することにしたのかを、大げさに描写してみました。

今度は旦那さまからのメールではなく、妻である私からのメールとして返信しました。

(元々最初のメールも私が書いたものですが。。)

和訳することこのような内容のメールを書きました。

返信を見て主人は大変がっかりしています。

彼は英語があまり得意ではないので、心境を上手く説明できないので、代わりに妻の私が返信させてもらっています。

彼はSpire Ambassador でもあり、IHGグループを大変気に入っています。

今回のハワイ滞在でHoliday Inn Expressに宿泊するのは初めてですが、今年宿泊した東京、シドニーヘルシンキ、フランクフルト、パリ、ニューヨークのIHGのホテルで大変素敵なサービスを受けたので、今回もIHGに宿泊することにしました。

予約センターにも、現地ホテルに相談すれば柔軟な対応をしてくれるのではないか?とアドバイスを受けたので、今回の返信には大変がっかりしています。

もう一度あなたの上司に相談してみてもらえないですか?

我々は宿泊をキャンセルする訳ではなく、実際に6泊するのですから、何か他に良い提案がないか確認してもらえると嬉しいです。

願いは通じた!!

24時間程で再度返信が届きました。

ペナルティなしで予約のキャンセルを受け付けてくれました!

f:id:ohana_kealoha:20180108113950p:plain

良かった!

これでもダメなら最後は電話で直接交渉するしかないと思っていたのですが、なんとかメール2通でキャンセルを了承してもらえました。

年末年始の直前キャンセルは要注意

最終的に、なぜキャンセル費を請求されたのかは不明です。

年末の予約だったので、1週間前くらいからペナルティが発生するようになっていたのではないかなぁ、と思っています。

最初は1泊分だったキャンセル費が、ハワイに問い合わせた段階では2泊に増えていたのはそれが原因なのではないか?と言う気がするからです。

もしもキャンセル費を免除してもらえなかった場合、メールのやり取りをしている間に更にキャンセル費が増えるのでは??と心配していたので、本当に良かったです。

キャンセル費の交渉は諦めないことが肝心

一度断られたくらいで諦めてはダメです。

宿泊履歴やステータスなどをホテルに最大限に伝えてみるのは効果的です。

これでダメでも諦めずに電話での交渉も必要です。

最後の手段には、キャンセル費用を支払わない代わりに、ホテル内で同額の飲食をするから・・・と言うつもりでした。

(宿泊して分かったことですが、実際はこのホテルにはレストランもバーもなかったので、同額の飲食は不可能でしたが・・・)

年末年始のハワイでもマイルなら高くない!

年末年始のハワイなんて高いのに?と思うかもしれませんが、マイルで予約したので飛行機代はかかっていません。

(ホテルもポイント宿泊なのでほとんど無料みたいなものですが…)

ビジネスクラスなので、普通に購入したら一人70万〜80万くらいかかると思いますが、136,000マイル(86,000x2) と税金等の38,640円(19,320円x2)で行ってきました。

今回の記事の本題はマイルの貯め方ではないので、マイルの貯め方に関してはこちらの記事を読んで頂けると嬉しいです。

ohana-kealoha.hatenablog.com

キャンセルのお願いの時に伝えた宿泊履歴は夏の世界一周のおかげです。

もちろんこれもマイルでの旅行です。

ohana-kealoha.hatenablog.com

 

リフィート 脚痩せ

まだ間に合う!ふるさと納税を自己負担金2,000円以下でする方法

年末が近くなってきていますが、皆さんふるさと納税はもうしましたか?

早めにやろうと思いつつ、我が家では毎年この時期に駆け込みでふるさと納税しています

f:id:ohana_kealoha:20171130192409j:plain

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、個人が納めている住民税の内およそ2割を目安に自分のふるさとや応援したい自治体へ寄附することで、 年間の合計寄附額のうち2,000円を超える部分について、税の控除を受けることができる制度です。

寄附する際には、自治体によって寄附金の「使い道」が指定でき、各地域の魅力的なお礼の品をもらえます。

自己負担金を2000円以下にすることができる

納めている住民税の金額次第ですが、この自己負担金2000円を、更に実質1000円とか1500円にする方法があります。

ポイントサイトと言う、購入した商品やサービスに対してポイントが還元されるサイトがあることをご存知でしょうか?

ハピタスと言うポイントサイトでは、掲載商品やサービスの利用で1ポイント1円に相当する「ハピタスポイント」がもらえます。

たまったポイントは、nanacoitunes,Amazonギフトコード,楽天Edyなど様々ものに交換可能です。現金として銀行やゆうちょでの受け取りも可能です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 

ふるさと納税をハピタス経由でした場合

「さとふる」無料会員登録で15ポイント

まずは登録のみでポイントをもらえる広告を経由して「さとふる」の会員登録を行います

判定までの期間は会員登録後30日以内、となっていますが、私が登録した時は、登録完了から数分で有効判定が付いていました。

*ランク維持の為に動画を見ていた方には残念なお知らせですが、2017年10月にハピタス動画が終了しています。

ランク維持の為に利用広告数を増やしたい場合にも、即時有効判定が付くので良い案件だと思います。

ハピタスを経由して1万円以上のふるさと納税をします。

f:id:ohana_kealoha:20171130091158p:plain

繰り返しOKとなっているので、納税金額に合わせて、1万円以上の寄付を数回に分けて行います。

*複数回の利用の場合はその都度、ハピタスに戻って「ポイントを貯める」をクリックしてサイトを利用する必要があるので気をつけてください。

 

1万円以上の寄付で210ポイントなので、寄付金が3万円の場合は1万円の寄付を3回行えば210ポイントx 3 = 630ポイントがもらえます。

寄付金額が5万円、みたいな高額納税者であれば、5回に分けて申し込みすれば1050ポイントもらえまえすね。

ポイント取得で実質自己負担金を2000円以下に!

ふるさと納税をポイントサイト経由で行うだけで、お得なポイントがもらえます。

お得なふるさと納税をしながら、更にポイントまでもらえるなんて魅力的だと思いませんか?

 ハピタスの登録はこちらのリンクから! 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

他にも、お買い物や日々の生活で役に立つハピタスの使い方をご紹介しています。

ご興味のある方は、合わせてこちらの記事もご覧になってみてください。

ohana-kealoha.hatenablog.com

ohana-kealoha.hatenablog.com 

4,980円コース

フィンランド・ヘルシンキで お買い物(免税可能)☆マリメッコMarimekko、ムーミンMoomin、フィンレイソンFinlayson

フィンランドでショッピング&免税手続き

海外旅行の楽しみの一つと言えば、現地ブランドのショッピングですよね。

今回はフィンランドヘルシンキでお買い物&免税手続きをしたので

免税手続きの方法をご紹介させて頂きます。

免税条件

「1店舗での買い物合計金額が40ユーロ以上」

免税対象の店舗でTax Refund をしたい旨を伝える必要があります。

対象店舗は入口にTax Freeと記載されていることが多いです。

夏にフランスに行った時は、1店舗で175ユーロ以上の購入で免税手続きの対象でした。

フィンランドの1店舗40ユーロ以上と言う免税条件は、免税対象の商品の買い物が多くなので旅行者には良い設定なのかな?と言う気がします。

免税手続きをして購入した店舗と購入金額

今回免税申請をしたのはこちらのお買い物です。

  1. マリメッコ 10,717円 ( 79ユーロ   換算レート 135.65円)
  2. ムーミンショップ     9,089円 (67ユーロ  換算レート 135.65円)
  3. マリメッコ     14,179円 (105ユーロ  換算レート 135.045円)
  4. フィンレイソン   14,316円 (105.52ユーロ  換算レート 135.045円)
  5. H&M         5,671円 (42ユーロ  換算レート 135.045円)

合計 398.52 ユーロ(53,972円) 

たまたま入ったH&Mでセール品を数点購入したのですが、セール品でも合計40ユーロを超えると免税対象とのことでした。

(狙ったかのような金額ですが、本当に偶然です)

免税手続き(タックスリファンド)での購入方法

店舗での購入時に「タックスフリー」で購入したいことを伝えます。

お店側から聞かれることはあまりないような印象です。

必ずお会計時に自己申告しましょう。

英語が苦手でも問題ありません。

「タックスフリー」と単語だけ言っても意味は通じるので自信を持って申告しましょう。

 パスポートを提示の上、お支払いをします。

手続きに必ず必要になるのがパスポートです。

コピーではなく、パスポート自体の提示が必要です。

買い物をする時は必ずパスポートを持参するようにしましょう。

 

また、お会計をクレジットカード払いにする場合は、提示するパスポートと使用するカードの名義人が同一名義であることに注意してください。 

 

特に申請方法にそのような注意書きがあったのかは覚えていないのですが、帰国時にリファンド手続きをした際に、私の前にいた中国人が職員さんに「どうしてパスポートの名義と購入者の名前が違うのか?」としつこく聞かれていました。

必死で片言の英語で説明&中国人特有の勢いで最終的にはリファンドしてもらっていましたが、スムーズに手続きを終わらせたい場合は提示するパスポートとクレジットカードの名義は同じ方が無難だと思います。

 

免税手続きに必要なバーコード付きの購入書類を受け取ります。

 空港での手続きの時にすぐに出せるように全ての書類を1箇所にまとめておくと良いです。

「Do not Open in FInland」のシールが貼られた商品を受け取ります。

免税で購入する製品はフィンランド国内では開封できないので、直ぐに使用するようなものは免税手続きに含めてはダメなので注意してください。

f:id:ohana_kealoha:20171024184108j:plain

後は出国の日まで開封せずに、空港まで持って行けばOKです。

空港でのタックスリファンド手続き方法

ヘルシンキ、ヴァンター国際空港に到着したら以下の手順で免税手続きを行います、

 

①2階の出発フロアーの航空会社のカウンターに行きチケットを発券してもらいます。

 

*発券時に、預け入れ荷物を預けることもできますが、この時に免税手続きをする購入品は預け入れ荷物には入れないように注意してください。

 

②1階にあるGlobal Blue のカウンターに並び、免税手続きをします 

*焦って先にこのカウンターに来ても、手続きには発券後のチケットが必要なので①からやり直しになるので注意してください。

f:id:ohana_kealoha:20171025171611j:plain

かなり混んでいます。

帰国便は17:15発の成田行きでしたが、この時間帯は東京、関西、中国、韓国・・とアジア向けの便が密集している時間らしく、グローバルブルーのカウンターはいつも混み合っているとのことです。

 

40ユーロ以上から免税手続きができるので、大陸の人達は 大量のレシートを手にして並んでいます。

1枚づつ、係の人が申請されたパスポート番号に間違いがないかを確認しているので、かなり時間がかかります。

③2階に戻り、免税品を預け入れ荷物に入れて再度チェックインカウンターで荷物を預ける

と、手順にしてみると一見簡単そうですが、とにかく時間がかかります。

 

先ほどのGlobal Blue のカウンターの手前に、写真のようなSelf Service の免税手続きの機会が1台だけあるのですが、なぜかあまり使っている人がいない。

 

気になったので、旦那さまに列に並んでもらっている間に試しに使ってみました。

画面の下の部分にあるバーコード読み取り機でパスポートを読み込むようになっています。

感度が悪いのか、なかなか読み込んでくれなく苦労しつつ、なんとか次の画面へ進めました。

免税対象のバーコードが表示されます。

 

ここまでは順調なのですが、なぜか5枚のレシートのうち3枚しか表示されません。

不足分は再度バーコードを読み込みように画面に指示が出るのですが、やはりこれも感度が悪く、全然読み込めません。

結局読み込みできないので、元の列に戻りカウンターで免税手続きをしました。

 

列に戻った時に後ろに並んでいた中国人に機械でリファンドできたのか?と聞かれました。どうやら彼女も試してみてダメだったらしく、私の動きが気になったみたいです。

 

免税手続きが終わってセルフにチャレンジしている日本人を再度見掛けましたが、聞いてみたら、やはり上手く読み込めていないと言っていました。

 

この機械、あまりに使い勝手が良くないようです。

長蛇の列の横にあるのに使っている人がいない訳が分かりました。

f:id:ohana_kealoha:20171026193209j:plain 

フィンエアービジネスクラスのプライオリティレーン

2階の出発ゲートにある航空会社のカウンターはかなり混み合っていました。

手前のPRIORITY、PLATINUMと表示されているレーンは、優先レーンなのにかなり混み合っています。

試しに一番後ろのSERVICE DESKと書いてあるレーンに行ってみたら、問題なく搭乗チケットの発券と荷物の預け入れをしてくれました。

レーンの違いは聞かなったので分かりませんが、どう言う使い分けをしているのでしょうか?

f:id:ohana_kealoha:20171030232327j:plain

この後、出国手続は2階のセキュリティコントロールで行います。

ビジネスクラスは3階のプレミアム セキュリティコントロールで出国手続きを行えるとのことで、3階に行くように言われます。

f:id:ohana_kealoha:20171026195016j:plain

発券手続きで2階、免税手続きで1階、荷物の預け入れで再度2階、そしてセキュリティコントロールで3階、と空港内の全てのフロアを行ったり来たりしました。

 

最近免税手続きをした国の中では断トツに時間がかかって面倒な印象です。

この後のSecurity Cotrol も、かなりの距離を歩く上に時間がかかります。

免税手続きをする予定の人は出発時刻の3時間前には空港に着いてると良いです。

大げさだと思うかも知れませんが、2時間ちょっと前に到着して、優先レーンでセキュリティを通った私たちでも少し気持ちが焦ったのは事実です。

 

空港内で走っている人をかなり見掛けました。

最後に空港内で走るようなことにならないように、ヘルシンキからの帰国時は余裕を持って空港に行くことをお勧めします。

実際の免税金額は?

帰国後、クレジットカードの明細を確認してみました。

10/12付けで3,934円Global Blueから返金されていました。

手続き時の説明では5日程でカードに返金される、とのことでした。

直ぐに明細を確認した訳ではないので定かではありませんが、数日後に手続き日の日付で返金されるのではないかと思います。

 

手元にあったレシートを見たら、免税手続きをした際に明細をもらっていることに気づきました。

手続き当日は焦っていて、内容を確認する余裕がなかったので気づきませんでした。

f:id:ohana_kealoha:20171030090227j:plain

  • マリメッコ本店        105ユーロ  → リファンド13ユーロ
  • マリメッコ アウトレットショップ  79ユーロ  →リファンド 9ユーロ
  • ムーミンショップ     67ユーロ  →リファンド 5ユーロ
  • H&M        42ユーロ  →リファンド 5ユーロ

レシート内のリファンド合計は32ユーロ

クレジットに戻ってきていた合計金額が3,934円なので、免税還付分の換算レートは122.9円になる計算になります。

 

ここで一つ重要なことに気付きました。

フィンレイソンのレシート分が記載されていません。

レシートを全て見直して、免税手続き済みのレシートには「CC REFUND GB Helsinki Airport」と赤いスタンプが押されているのに、1枚だけスタンプが押されていないものを発見しました。

  • フィンレイソン        14,316円(105.52ユーロ  換算レート 135.045円)

 

マリメッコの105ユーロの免税額は13ユーロなので、おそらく同額くらいのリファンドがあるはずでした。

換算レート122.9円で計算すると1,597円!

 

…痛い。この申請漏れはかなり痛い。

Global Blueとe tax free ??

Global Blue でレシートを出した時、全てのレシートを渡したと思っていたのに、1枚渡し忘れていたのかなぁ?と不思議に思ったのですが、スタンプの押されていないレシートにだけ「e tax free」のシールが貼られていることに気づきました。(今さら?)

 

確かに、ヴァンター国際空港に到着した時に、2階のフロアにe tax free のカウンターもありました。出国フロアにあるのと、割と空いていたので一度立ち寄っているのですが、渡したレシートが主にGlobal Blueのものだったせいか、1階に行くように言われました。

間違えて撮った写真も残っていました。

フィンレイソンの1枚分だけはここのカウンターで手続きが必要だったのか!

・・・今更気付いても、もう手遅れです。

f:id:ohana_kealoha:20171104114130j:plain

少しだけ愚痴を言わせてもらえるなら、Global Blueのお姉さんが「これはうちでのリファンド対象じゃないからe tax free に行ってね」と言ってくれたら良かったのに。。と思います。

購入時のtax freeの自己申告制の国でそんなに親切な対応、期待してはダメなのだとは思いますが。。。残念です。

*まとめと感想*

やっぱり空港には余裕を持って行かないとダメですね。

慌てていて、全てがきちんと手続き完了していないことに気づかないことがあっては困ります。

特に、今回のように購入した店舗によって免税手続きのカウンターが異なる場合は、出国前に2箇所で免税手続きが必要になることが分かりました。

40ドルと言う少額から免税手続きができるせいで、複数の店舗のレシートを持ち込みことになる影響なのだと思います。

良い勉強になりました!

 

ohana-kealoha.hatenablog.com 

ohana-kealoha.hatenablog.com